メニューへリンク

» ボランティア物語

62:権利の矛先

人権週間記念講演会。 「国家斉唱、お立ちください」アナウンスが流れた。 「オラは、立……

61:10年にして

「ボランティア物語」。 このコラムの連載を始めて10年を迎えた。 さすがに60回を越……

60:百人の村

「北九州市が、もし百人の村だったら」 北九州市の人口は、98万人。これを、誤解も恐れ……

59:風船バレー

小川さん憶えてますか。 市内ボランティアサークル間の交流会を計画しようと、会議をした……

58:いろんな心      

「心もケガすりゃ、風邪もひく、だから、病院がある」 随分前のことだけど、学生時代、僕……

57:優しい鬼

僕は、社会福祉施設従事者。いわゆる、施設職員だ。 この職に就いて25年になるが、周り……

56: 修行の旅3

朝のお勤めが終わって、弘法大師空海が眠るといわれる奥の院へ向かった、 ここは、まるで……

55:修行の旅2

霊峰高野山の夜は冷える。まだ10月というのに部屋に暖房を入れた。 修行体験の第2弾、……

54:修行の旅1

 物は申せども何もしない。そんな安っぽい評論家のような自分に嫌気がさして「これは、修……

53:正義の味方

 あるボランティアの会合で自己紹介をした。  「私の趣味は、海、山、歌、酒、ボランテ……