メニューへリンク

» ボランティア物語

84:痛風の旅

早朝、痛みで目が覚めた。右足親指の付け根のところ。 この痛みは「痛風」。一年ぶりに再……

83:傾聴

電話のコールが鳴る。 「はい、チャイルドラインです」 すぐに話を始める子ばかりじゃな……

82:母からのメール

ばあちゃんの携帯から孫に送られてきたメール。 「いけめんはこかんがかゆいらしいあんた……

81:義母の最期

「ばあちゃんが、息してない」 朝、義姉からの電話の声に車を飛ばして駆けつけた。 到着……

80:「権利」って②

「今を生きる僕たちが有する『right』。何と訳したらいいのだろうか。」というのは、……

79:「権利」って

「権利」という言葉を出すと、きまって相手は、冷めた視線を向けてくる。 どうやら、僕た……

78:戦争のつくりかた

10年ほど前に購入した小さな本を手にとった。 りぼん・ぷろじぇくとが、製作した「戦争……

77:カタカナ言葉

「ヘルパーステーションから来ました。ケアマネです」 「あんた、どこの国から来た人ね」……

76:勝手な印象

先月、誕生日を迎えた。53歳。もういい加減、中高年の部類に入ってしまった。 「毛は白……

75:オヤジの会話

同級生、男四人。「久しぶりに飲もうぜ」と居酒屋に集まった。 10年ぶりになるだろうか……